名前は知らなくていい

名前は知らなくていい

名前は分からないのだけれど、毎年、この時季に鮮やかに庭を彩ってくれる。陽の当たり具合によって、さまざまな赤の表情を見せ、諸行無常を美しく体現してくれる。 で、写真を撮ってると、必ず、どこからともなくやってきて、撮影阻止す… 名前は知らなくていい の続きを読む

ほころびは、そのままに

ほころびは、そのままに

樹齢二千年のPuriri。嵐に傷つき大きな穴も開けながら。生きるって、時々、ほころびも生じるけど、それが元どおりにならなくても、大丈夫。ほころびは、ほころんだまま、生きていけばいい。それが、新しい形になる。痛みを消しなが… ほころびは、そのままに の続きを読む

激流

泣いていい 叫んでいい 吐き出したいもの、投げ出したいもの、すべてを激しい流れの中に放り込んでいい たとえ気づいていなくても、 あなたの中に あなただけの激流がある。 いつでも、必要なとき、望んだときに現れる激流が。