ほころびは、そのままに

樹齢二千年のPuriri。嵐に傷つき大きな穴も開けながら。生きるって、時々、ほころびも生じるけど、それが元どおりにならなくても、大丈夫。ほころびは、ほころんだまま、生きていけばいい。それが、新しい形になる。痛みを消しながら。次の力を産みながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA